MENU

増えている女性の薄毛

 

一般的に薄毛というと男性をイメージされがちでしたが、現代では女性も多くの方が薄毛に悩んでおられます。

 

女性の社会進出が増えている分、ストレスを抱える人や生活習慣が乱れている人が多くなっているのです。

 

男性の場合、主な薄毛の原因は男性ホルモンの影響でおこる男性型脱毛症(AGA)であることは知られています。

 

では女性場合はどういった理由で薄毛になり、どのような対策が効果的なのでしょう。

 

こちらでは女性の薄毛についてまとめたいと思います。

 

女性の薄毛の原因とは

女性の薄毛の原因には次のものがあります。

FAGA(女性男性型AGA)

FAGAとは、「Female Androgenetic Alopecia」の略で、女性男性型脱毛症のことです。

 

女性も男性に比べると量は少ないですが男性ホルモンを持っています。
髪を成長させる役割を持つ女性ホルモンの【エストロゲン】の量が減ると、相対的に男性ホルモンが過多になり抜け毛の原因となります。

 

加齢・更年期や生活習慣の悪化などによって女性ホルモンが減少することにより、相対的に男性ホルモンが優位になり発症するといわれています。

 

40歳くらいから発症しやすいですが、近頃では若いうちから発症する人もいます。

 

薄毛に悩みをもつ女性のおよそ半分、国内で600万人の女性がこのFAGAによって薄毛になっています。

 

 

AGAとFAGAが区別される理由は症状が違ってくるためです。
男性がなるAGA(男性型脱毛症)は、生え際のM字や後頭部などを中心に部分的に薄毛が進行し、ほっておくと完全になくなってしまうこともあります。
一方、女性がなるFAGA(女性男性型脱毛症)は、女性ホルモンの量は減っていますが一定の量は分泌される続けますので、完全に禿げるということはありません。
髪が細く弱くなってしまい、全体的に薄くなるといった特徴をもちます

 

FAGAには育毛剤も効果的です。
オススメの育毛剤は CHAP UP チャップアップ です。
無添加・無香料で安全な育毛剤で女性にも人気の育毛剤です。

 

チャップアップに関する記事はこちら→【2017】現行版チャップアップ!副作用のない育毛剤、その口コミを効果とは!

 

 

産後脱毛症(分娩後脱毛)

産後脱毛症とは、出産後数か月以内にあらわれる脱毛症です。

 

妊娠中に髪に必要な分の栄養素が胎児に取られてしまうことや、出産前後は女性ホルモン(エストロゲンなど)が非常に増加し毛髪サイクルが一気に成長期から休止期に移行してしまうため、抜け毛が増えてしまうのが原因と言われています。

大抵の人は時間が経過すると自然に治まります。

 

 

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、髪の毛を引っ張ってストレスを与えることでおきてしまう脱毛症です。

 

長い髪をまとめるときにアップスタイルに束ねますがいつも同じ位置で束ねていませんか?
長時間同じ位置で髪を束ねていると、一か所の髪に負荷が集中し薄毛の原因をなってしまいます。

 

エクステなども局所的に長時間ストレスをかけてしまうので牽引性脱毛症の原因になると言われています。

 

 

女性に人気の育毛シャンプー

 

通常のシャンプーは髪を美しく艶やかにすることが目的の成分となっています。
洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な油分まで洗い落としてしまったり激が強すぎたりしますので頭皮の弱っている薄毛の方にはあまりよくない
ことがあります。
安価に作れる普通のシャンプーに比べ、育毛シャンプーは高価ですが、アミノ酸系成分が主流で低刺激・頭皮に優しいのでオススメです。

 

チャップアップシャンプーは女性からも人気の育毛シャンプーです。
有名人でも使用者が多いことで知られています♪

 

チャップアップシャンプーの詳細記事はこちら
チャップアップシャンプーを使ってみた感想!口コミと効果