MENU

薄毛頭皮に紫外線は大敵

 

後頭部の薄毛のかなり進んでいる人は実感があるとわれますが、髪が少なくなると日差しの強い日など日光が直接頭皮に当たりやすくなり、頭部が熱をもちやすくなります。

 

薄毛の人や将来の薄毛を心配する人は頭皮への紫外線の影響はどうなんだろうと気になるところですよね。

 

本来、頭を保護する役目をしている髪が少なくなるということは日光が直接頭皮に当たりやすくなっており、それだけ紫外線も受けやすくなっている状態ということです。

 

もちろん頭皮も紫外線で日焼けします。
日焼けするということは火傷しているということですので頭皮の状態は悪くなり薄毛が進行し悪循環となってしまいます。

 

こんな育毛剤を待っていた

 

頭皮への紫外線の影響

 

紫外線は日差しの強くなる夏場7月〜8月が最も強くなります。
よく『5月〜6月頃が一番強くなる』といった話を聞きますが、それはオゾン層での吸収がほとんどないUV-A波の紫外線のことと考えられます。

 

紫外線は波長の領域によってUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられ、このうち、A波とB波が地球に届いています。

 

特に人体に有害とされ、日焼け・皮膚がん・眼に強く影響するのはUV-B波の方で、UV-B波の紫外線のピークは夏場の7月〜8月となります。
※UV-A波も長時間浴びればUV-B派ほどではありませんが有害となります。

 

 

又、冬場は比較的紫外線量は少なくなりますが油断は出来ません。
空気が乾燥しやすくなるため頭皮も乾燥しやすく、乾燥した頭皮は紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。

 

次のデータは気象庁が発表している日積算紅斑紫外線量の月平均値です。
紅斑紫外線量とは紫外線が人体へ及ぼす影響の度合を示す量で、紅斑とは紫外線を浴びた後に皮膚が赤くなることをいいます。

 

   (単位 kJ/m2)

関東 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年平均値

参照値
(1994-
 2008)

0.73 1.08 1.52 2.14 2.58 2.62 3.15 3.09 2.18 1.43 0.88 0.65 1.84

標準偏差
(1994-
 2008)

0.06 0.11 0.11 0.17 0.17 0.3 0.58 0.37 0.19 0.11 0.06 0.05 0.11
2017年 0.81 1.18 1.51 2.25 2.78 3.04 3.56 2.7 2.22        
2016年 0.77 1.11 1.6 2.28 3.07 2.86 3.29 3.36 2.18 1.5 0.9 0.73 1.97
2015年 0.74 0.96 1.58 2.12 3.33 2.78 3.47 2.95 1.98 1.66 0.83 0.68 1.92
2014年 0.77 1.08 1.65 2.34 3.14 2.8 3.62 3.21 2.37 1.53 0.89 0.62 2
2013年 0.82 1.14 1.73 2.34 3.2 2.96 3.45 3.27 2.63 1.53 0.91 0.63 2.05
2012年 0.78 1.08 1.53 2.16 2.78 3.17 3.66 3.96 2.55 1.69 0.87 0.59 2.07
2011年 0.89 1.03 1.71 2.4 2.67 2.95 3.77 3.41 2.9 1.59 0.97 0.66 2.08
2010年 0.78 0.9 1.45 1.99 2.59 3.1 3.47 3.77 2.45 1.52 0.91 0.7 1.97
2009年 0.69 1.08 1.54 2.46 2.6 2.54 3.14 3.23 2.37 1.47 0.88 0.64 1.89
2008年 0.75 1.28 1.63 2.05 2.65 2.63 3.24 2.94 2.22 1.47 0.89 0.71 1.87
2007年 0.75 1.1 1.65 2.06 2.77 3.21 2.48 3.5 2.51 1.52 0.95 0.66 1.93
2006年 0.69 1.01 1.57 1.85 2.46 2.31 2.49 2.9 2.08 1.49 0.86 0.62 1.69
2005年 0.74 1.03 1.49 2.23 2.75 2.64 2.77 3.19 2.34 1.31 1.04 0.69 1.85
2004年 0.77 1.3 1.51 2.43 2.75 3.22 4.09 3.27 2.36 1.28 0.91 0.65 2.05
2003年 0.69 0.91 1.57 2.11 2.31 2.54 2.26 2.61 2.39 1.53 0.81 0.67 1.7
2002年 0.79 1.09 1.64 2.3 2.68 2.47 3.69 3.48 1.94 1.52 0.81 0.53 1.91
2001年 0.7 1.12 1.35 2.35 2.38 2.59 4.08 2.8 2.08 1.46 0.88 0.68 1.87
2000年 0.71 1.1 1.62 2.07 2.75 2.52 3.57 3.17 2.22 1.34 0.83 0.7 1.88
1999年 0.8 1.11 1.46 2.08 2.72 2.76 3.5 3.77 2.44 1.49 0.87 0.65 1.97
1998年 0.69 0.91 1.54 1.82 2.69 2.32 2.92 2.26 1.96 1.33 0.92 0.62 1.67
1997年 0.77 1.12 1.6 2.09 2.5 2.91 3.3 3.05 1.94 1.58 0.83 0.57 1.86

 

やはりここ数年は年平均値が2.00kJ/m2前後と高くなっており、オゾン層の破壊の影響で紫外線の人体への影響が強まっていることがわかります。

 

 

頭皮を紫外線から守るためには帽子とチャップアップがオススメ

 

紫外線から頭皮を守るためには帽子が有効です。
帽子を被るとムレてしまうのでよくないのではと思いがちですが帽子は季節に合った帽子を正しい使い方で使用することで頭皮を守るアイテムとなります。

 

又、頭皮を保湿し紫外線から守るバリアを維持することも重要です。

 

頭皮を保湿するには育毛剤のチャップアップがオススメです。
チャップアップに含まれるセンブリエキス、ヒオウギ抽出液、サンザシエキスなどには優れた保湿作用があり、頭皮の乾燥を防ぎ紫外線からも守ってくれます。

 

 

帽子と薄毛に関する記事はこちら→ 帽子やヘルメットを被るとハゲる?帽子の正しい使い方とチャップアップ

 

育毛剤チャップアップに関する記事はこちら→  現行版チャップアップ!副作用のない育毛剤、その口コミと効果!

 

 

副作用のない育毛剤チャップアップの公式サイトはこちら

http://chapup.jp/

 

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ