MENU

ハゲは性欲が強いは本当?

 

ハゲは【エロい・性欲が強い】という話をよく聞きますが本当なのでしょうか。

 

ハゲに悩む人にとっては性欲を抑えればハゲが治るの?って気になりますよね。

 

答えからいいますとエロいとハゲるは直接の関係はありません。
しかし、性欲が強いと薄毛に繋がることはありえます。

 

どっちなんだよって思いますよね ^^;

 

こちらではハゲと性欲の関連性についてわかりやすくまとめてみました。

 

男性ホルモンと性欲と薄毛の関係

 

男性の性欲を担うのはテストステロンという男性ホルモンで、テストステロンは30歳をピークに減少し性欲もそれに伴って衰えていきます。

 

対してハゲの原因となるのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。
ジヒドロテストステロンはテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合して生成されます。

 

つまり
テストステロンが多い=性欲が強い
ジヒドロテストステロンが多い=ハゲやすい
ということです。

 

ここで疑問となるのはテストステロンが多いと後にジヒドロテストステロンも多くなるのか?ということですね。

 

しかし実際にはこれは直接比例するようなものではないそうです。

 

年をとってテストステロンが減少するとそのバランスをとるべく、ジヒドロテストステロンが増加しますので全くの無関係ではありませんが、元々のテストステロンの量が多いとその分ジヒドロテストステロンも多く増えるというものでもないのです。

 

ジヒドロテストステロンの量に影響が大きいのはテストステロンが結びつく5αリダクターゼの方です。
5αリダクターゼの強さは個人差がありますが遺伝・体質によって大方決まっています。
(生まれつき5αリダクターゼを持たない5α-還元酵素欠損症の人はAGA男性型脱毛症にならないことも解明されています)

 

テストステロンは5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンとなります。
ジヒドロテストステロンはその後、男性ホルモン受容体と結びついてTGF-βへと変化しますが、このTGF-βは毛根にある毛乳頭に髪の毛の成長を停止するよう命令を出してしまう脱毛因子です。

 

このため近頃の育毛剤は5αリダクターゼを抑制する成分を含むようになっています。
5αリダクターゼを抑制する成分を持つオススメの育毛剤はチャップアップです。

 

チャップアップは性欲減退などの副作用なしで、5αリダクターゼを抑制する効果がありますので、性欲を落とさずに育毛したいという方に人気です。

 

チャップアップに関する記事はこちら→ 現行版チャップアップ!副作用のない育毛剤、その口コミと効果とは!

 

▼チャップアップ公式サイトはこちら▼

 

 

ちなみにテストステロンには性欲を強めるほかにも、男性的な身体をつくる働きや闘争心や競争心を強める働きもありますので、歴史上に偉人や現代でも社会的地位の高い人には性欲が強い人が多いという話はあながち間違いではないようです。

 

射精と薄毛の関係

射精するとハゲやすいという噂に関しては大分誇張されていますがその要素はあります。

 

その理由は精子に亜鉛が含まれるためです。

 

亜鉛はタンパク質を髪に作り変える栄養素であり、育毛にはなくてはならない重要なものですが、亜鉛は精子を生成する働きもしており、精子が作り出されるときにも消費されます。
又、性的興奮があった際にも脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンに影響し亜鉛が消費されます。

 

つまり
人間が生存していく上で髪の毛は必ずしも必要不可欠なものではありませんので、身体は本能的に限られた亜鉛を精子の作成にまわしてしまい、髪の毛を作り出す分の亜鉛が不足してしまうのです。

 

とはいえ、よほど極端なペースで射精しない限り髪にその影響はなく、逆に性欲を我慢することがストレスになり抜け毛に繋がることもありえますので、意識しすぎないようにしましょう。

 

亜鉛を補給するには

 

 

亜鉛はバランスのよい食事でしっかり補給することが重要です。
育毛によい食事の記事はこちら→ 育毛に効果的な食事

 

食事だけで亜鉛を摂取しようとすると偏った食生活になり長続きしません。
サプリを利用するのが効果的です。

 

チャップアップサプリには頭皮ケアに必要な成分が亜鉛を含めて18種類含まれています。
チャップアップサプリに関する記事はこちら→ チャップアップサプリを使ってみた感想!

 

▼チャップアップサプリ公式サイトはこちら▼

チャップアップサプリ(生やせ)