MENU

ハゲは遺伝するの?

親や祖父が禿げていると自分も将来禿げてしまうのかなと心配になりますよね。

 

実際に薄毛は遺伝の影響も大きく受けます。
しかし、親が禿げているから自分も禿げてしまうとは限りません。

 

皆さんは薄毛遺伝子をご存知でしょうか。
近年解明されてきた薄毛遺伝のメカニズムを理解することでより、将来の薄毛に対する不安に早くから対応できるようになります。

 

薄毛治療は早いうちから対策することが重要です。
まずは遺伝上の自分の体質を考えるとよいでしょう。

 

こちらでは薄毛と遺伝の関係をまとめてみました。

 

薄毛遺伝子とは

男性型脱毛症(AGA)の内、25%が遺伝によるものだと言われており、薄毛遺伝子を持つ可能性が考えられます。

 

薄毛遺伝子とはX染色体の中にある【アンドロゲンレセプター】の遺伝子に変異がみられることを指します。

 

アンドロゲンレセプター(アンドロゲン受容体)は、体内で分泌された男性ホルモンを受け取って細胞の中で使えるように変換する働きをしています。

 

アンドロゲンレセプターの特性として、その感受性が高い人ほど男性ホルモンの影響を受けやすく、感受性が低い人ほど男性ホルモンの影響を受けにくくします。
つまり男性ホルモンの影響を受けやすいということはジヒドロテストステロン(DHT)の影響も受けやすくなってしまうのです。

 

この感受性の高い・低いはアンドロゲンレセプター遺伝子の配列に含まれるCAGおよびGGC繰り返し数から判別され、繰り返し数が少ないと男性型脱毛症(AGA)になりやすいとされています。

 

母方の祖父がハゲていると自分もハゲやすい

父親はX型とY型の染色体を持ち、母親はX型の染色体を持ちます。

 

子供は父親からXかYのどちらか、母親からXの染色体をペアで受け継ぎます。
女の子は父親からX+母親からXを引き継ぎ、男の子は父親からY+母親からXを受け継ぐのです。

 

つまり男の子がX染色体を引き継ぐのは母親のみとなります。

 

アンドロゲンレセプターが含まれるのはX染色体なので、薄毛の遺伝子は母親から受け継ぐことになるのです。

 

しかし、母親が薄毛じゃないから自分も大丈夫かというとそうではありません。
女性は女性ホルモンの働きにより脱毛が抑えられますので薄毛の遺伝子を持っていても禿げにくいのです。

 

そこで参考とできるのは母方の祖父となるわけです。
薄毛が隔世遺伝と言われる所以ですね。

 

母方の祖父がハゲている方は要注意です。

 

しかし、薄毛遺伝子は必ずしもハゲるというわけではありません。
ハゲやすい体質を生まれ持つということです。

 

早めに生活環境を改善し、頭皮ケア・育毛に取り組むことで薄毛を軽減・回避することも可能です。

 

ちなみに私は両方の祖父がつるっぱげのハゲサラブレッドですが諦めていません。

 

 

 

オススメの育毛剤は無添加・無香料で安全なチャップアップです。
チャップアップに関する記事はこちら→ 現行版チャップアップ!副作用のない育毛剤、その口コミと効果とは!

 

 

▼チャップアップ公式サイトはこちら▼